社会保険労務士さま向けサポートプラン


社会保険労務士の先生方へ

 近年、労働者の権利が重要視され、働き方改革や最低賃金の引上げなどが叫ばれるなか、企業を取り巻く環境は大きく変化しております。一方で労働者の権利意識だけが高まり、企業に対して不当ともいえる請求をする事案が増加しているように思います。
 多くの経営者様から、問題社員・残業代請求・ハラスメントなどのトラブルや、労働審判に発展してしまった事案のご相談をいただきますが、そんな中には、もっと早くご相談いただいていれば損害を出さずに済んだ事案もあり、弁護士がまだまだ企業にとって身近な存在になれていないと痛感いたします。
 企業をそのような労使紛争・トラブルから派生する経営リスクから守るには、企業にとってより身近な存在であり、人事労務分野の専門知識をお持ちの社会保険労務士の先生方との積極的な連携が不可欠であると感じております。
 また、企業の人事労務分野を支える社会保険労務士の先生方を法的側面から継続的にバックアップさせていただくことで、社労士の先生方もより良い労務サービスを提供できると確信しております。

 

1. こんなお悩みをお持ちの先生はいらっしゃいませんか?

(ア) クライアント企業で労働審判や訴訟が発生している
(イ) 従業員が社内の労務問題について弁護士に相談している
(ウ) クライアント企業から労使紛争の相談を受けることがある
(エ) 信頼のおける弁護士にクライアント企業を任せたい
(オ) 企業経営に理解のある使用者側の弁護士と連携したい

 

2. 社会保険労務士と弁護士が連携するメリット

(ア) 企業の労務問題に対して様々な視点からのアプローチができる
 社会保険労務士の人事労務的な観点と、弁護士による法的な観点を併せることで企業の抱える問題の本質を多角的に捉え、解決までの最適解を導き出すことができる。
(イ) 社会保険労務士の先生方の不安を解消できる
 日頃の業務において判断に悩やんだ際には、気軽に相談することができ、弁護士からの的確なアドバイスを受けることができる。
(ウ) ワンストップサービスによって企業の満足度の向上に繋がる
 人事労務問題のみならず、社会保険業務から給与計算などの社会保険労務士の領域と、代理人交渉や労働審判、訴訟などの弁護士の領域で、平時から有事に至るまで幅広い対応がワンストップで提供できる。

 

3. お客様の声(一部):社会保険労務士・会社役員・男性(82歳)

会社を任せていた従業員が死亡後、損害となりかけていた貸金を回収
私は労働関連法令や社会保障法令に基づく諸書類の作成代行や企業経営上の労務管理や社会保険に関する相談,指導を行う社会保険労務士です。合わせて,宅地建物取引業を営む会社の代表取締役でもあります。今回は,宅建会社に関わるトラブルに対し,前田先生は裁判外紛争解決に大変なご努力をいただき無事円満に解決を見ました。厚くお礼を申し上げる次第です。私は先生の器量,ご努力に感銘をいたしております。どうもありがとうございました。

 

4. 社会保険労務士さま向けサポートプラン

■料金:年額5万円(税込)
■主なサービス
① 士業ネットワークへの参加(労務分野におけるメールマガジンやセミナーの無料招待)
② 電話・メール・チャットによるご相談
③ クライアント企業のご相談
④ 就業規則ワンポイントアドバイス
⑤ 所内・社内研修講師
⑥ 顧問弁護士の外部表示

 

弁護士との連携にご興味をお持ちの社会保険労務士の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラをクリックし、ご要望をご記入のうえ、送信ください。

0120-41-744 受付時間 24時間受付 相談料無料

メール受付

ご相談の流れ