弁護士紹介

弁護士 前田 尚一

経歴

maed00


日本弁護士連合会登録 登録番号:21066

札幌弁護士会所属 第41期1959年 北海道岩見沢市に生まれる
札幌市立新琴似北中学校 卒業
北海道札幌北高等学校 卒業
北海道大学(北大)法学部 卒業
平成元年 弁護士登録
平成5年 前田尚一法律事務所 開設

札幌鉄道病院 倫理委員会・臨床研究審査委員会各委員
財団法人北海道暴力追放センター 元・暴力相談委員
北海道大学法科大学院(ロースクール) 元・実務家教員(平16~18)

 

 

 

前田尚一の理念

 

『法律』は、弱い立場にあるからといって味方をしてくれる訳ではありません。
『法律』は、“ 法律を知っている者に味方する!!”ものだというのが、私の実感です。
自分を弱者であるとか、被害者であると頑固に言い続けるだけでは、望んだ結果を導けるものではありません。

 

そして、私は、『弁護士』の仕事は、“クライアント(依頼者)との協働作業”である、と考えています。

ですから、 『法律問題』の処理・解決は、クライアントと弁護士がうまく協働すればするほど良い方向に向かう、ということが、私が経験から得た確信です。

 

そのために、『法律問題』に対応するにあたっては、まず、依頼された案件について、
“本当の解決は何か”を、依頼者ごとに、案件ごとに、解明していくことから始めなければならない、と考えています。

法律による解決といっても、手法は一律ではありません。

 

前田尚一法律事務所
例えば、「離婚したい」といっても、 あなたが、解決しようとしている最終目的は何なのか、新たな生活をするために離婚すること自体が問題なのか、 それとも、離婚後の生活を踏まえたお金の問題なのか、 あるいはお子さんとどちらが一緒に暮らしていくということが問題なのか、その目的によって力の注ぎ方は変わるはずです。

企業であれば、業界固有の慣行を確認することなどといったことも、決しておろそかにはできないことです。

 

私は、依頼された『法律問題』が、個々の依頼者の活動・実生活の全体の中で持つ意味を分析して、依頼者にとって何が本当の解決であるのかを解明し、解決のための「スキーム(計画・枠組み)」を組み立て、戦略的な観点から、その『法律問題』と向き合っていきたいと考えています。

 

 

 

 

>>前田尚一の足跡

(私が、弁護士を目指したきっかけ~独立までの道をこのコラムでご紹介いたします。)

 

私が、職業として法律の世界(裁判官、検察官(検事)、弁護士を総称して「法曹」と呼ばれます。)を意識したのは、当時、半年後に受験を控えた高校3年生のときでした。「総理の犯罪」と呼ばれる戦後最大の疑獄「ロッキード事件」が発覚し、前・内閣総理大臣が逮捕されるという信じられない場面で、東京地検特捜部が活躍するのを目の当たりにし、検事という職業に憧れたのでした。

そのころは、大学の理学部に進学し、物理学者になりたいと考えていました。
鉄腕アトムのお茶の水博士の影響か、NHKの「ものしり博士」という番組の影響か、……。

(中略)

昭和61年、27歳のとき、司法試験に最終合格しました。
平均年令での合格でしたが、頑張った割には、なかなか合格できなかったというのが実感です。

(中略)

論文試験を終えて休養をとり、さてそろそろ勉強しようかと教科書を読み始めたところ、右眼が下の方から黒くぼやけて見えなくなってきたのです。病院に行くと、「網膜剥離」と診断され、直ぐに手術しなければならないとのことでした。

(中略)

論文試験の合格は、病院のベッドのうえで聞きました。運良く、最後の口述試験にも日程的には間に合います。試験の1週間前に退院し、片目がぼやけて見えないまま、上京して、試験を受けることになりました。……。

合格した年は不思議な年でした。このような病気になったのですから、

(中略)

しかも、この事務所は、新しいことを取り入れることに貪欲であり、それまで事務所で扱ったことのなかった案件、例えば、株式上場したばかり会社の株主総会の企画運営、ADRで処理される労働事件の対処を任せられ、入門書を片手にゼロから研究して対応していきました。

(中略)

当初は「もめてるなー」ぐらいに思っていました。
近くを通ると、色んな人が立ちはだかって、ブルドーザーが入れないようにしていて、異様な雰囲気になっていました。

この問題が起きて、1年後ぐらいに私の所に住民代表の方が私の事務所に来られて解決を依頼されました。社会的に見れば……。

(以下略)

>>省略なしの全体は,前田尚一の足跡 を!!

弁護士 中田 祥二郎


経歴

日本弁護士連合会登録
札幌弁護士会所属 72期

1975年 千葉県に生まれる
履正社学園豊中中学校 卒業
千葉県立千葉高校 卒業
早稲田大学第一文学部 卒業
ファイザー製薬株式会社 勤務
内閣府内閣官房非常勤職員
台北ベーカー&マッケンジー 勤務
台湾大学大学院法律研究所 修了
早稲田大学大学院法務研究科 修了
令和2年 弁護士登録

弁護士になろうと思ったきっかけ

 私が大学を卒業して世に出た頃、日本はまだ経済規模世界第2位でバブルの熱気が残っていた頃でした。終身雇用制が建前として維持されており、いったん就職したあとはその会社で一生勤め上げるという考えが普通でした。
 ただ、私は当初からその考えが合わず、「人生、それでいいのだろうか」と考えていました。早稲田で文学を学んでいたことも影響したかもしれません。それで、初めに入った会社を半年で辞め、もっと広く様々な世界を見に行くことにしました。大げさな言い方をすれば、冒険に出たわけです。とはいえ、そんなあいまいな理由で会社を辞めてしまったわけですから、我慢して一生勤め上げるという考えだった周囲の人々は、当時随分びっくりしました。
 そうして、国内では首相官邸から夜勤アルバイトまで経験し、7年間の海外生活では現地企業から渉外法律事務所まで経験しました。
 途中、幸運なときも不運なときもありました。自分自身が理不尽な目に遭うこともあれば、仲間が遭うこともありました。そうした遍歴の中で、私は次第に、自分自身に強い技術がなければ、今後混沌とした日本や外国ではやっていけないだろう、守りたい仲間も守れないだろうと思うようになっていきました。
 そんなとき、日本でもロースクールが話題になり、弁護士資格があれば個人の力量で国内外を渡っていけるし、社会風潮や空気を読んだりせず、自分が助けたいと思った人を助けることができると考えるようになったのです。

弁護士になるまで

 早稲田大学のロースクールに入学したのが、海外から帰ってきて直後の30代半ばでした。海外の法律事務所に勤務していたことから、台湾で法学の勉強などしていたのですが、本格的に日本の法律を勉強したのはこれが初めてです。最初はかなり苦労しました。やがて、司法試験にはコツがあるということに気づき、それが分かった翌年に晴れて合格することができました。

前田尚一法律事務所に入所した理由

 弁護士たるもの基本的には個人の身一つで世の中を渡って、どのような時代、場所においてもいざとなれば一国一城の主として法律事務所をやっていけるよう、常に研鑽を怠らず努力すべきだと考えています。このような考えは、自分が長く国内外を見てきた経験から徐々に生じてきたものだと思います。
 そこで、司法試験合格後、自分のような者に弁護士としての修行と活動の場を与えてくれる法律事務所を全国から探しました。そんな折、前田尚一法律事務所のホームページを偶然見かけました。そこには、所長の「『弁護士大幅増員時代』を生き抜いていくため、新人弁護士はできるだけ早く、超スピードで変化自在の基礎技能を身につけ一人前になること」、「当事務所に席を置けば、否が応でも幅広く多様な事件を担当することになる」というメッセージが書かれていました。これを読んで、この事務所なら不確かな時代を個人として切り開いていく技能を学べると思いました。また、ゆくゆくは独自の道を模索し、一国一城の主として個人事務所を経営したいと考えている自分にとり、最高の修行の場になると確信しました。そこで、当事務所の門を叩くことにしました。

弁護士としての基本的姿勢

 大学卒業後の長い遍歴を経たいま、私は混沌とした現代日本において、個人として様々な問題を抱えている方、個人として心に期するところがあって頑張っている方、この日本で何かやってやろうと野心のある方、ささやかな幸せ生活を守りたい方、創作活動などで自分の「好き」を仕事にしている方、外国人の方等々を弁護士としてサポートできればと考えております。法律分野でいえば、一般民事、交通事故、離婚、労働、会社、刑事を始めとして様々な分野になります。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

顧問 森 義雄

経歴

顧問写真昭和44年 日本国有鉄道    苗穂工場
昭和59年 日本国有鉄道    苗穂工場  人事課   労働係長
昭和62年 北海道旅客鉄道(株) 総務部   勤労課
平成6年   北海道旅客鉄道(株) 旅行業本部 東京営業部 営業課長
平成15年 北海道旅客鉄道(株) 総務部   副部長(労働担当)
平成22年 札幌工営株式会社  代表取締役社長
平成29年 前田尚一法律事務所 顧問

 

コメント

労働基準監督官の身分は司法警察員です。
ですから、事前の通知なく臨検もありです。
事案の初期対応がとても大切なのです。

 

 

経営士・行政書士・社会保険労務士 佐々 邦雄先生

経営士・行政書士・社会保険労務士の佐々邦雄先生と連携し、一貫したリーガルサービスの提供に努めております。

経歴

キャプチャ1

現在:北海学園大学法学部 法職講座 講師
現在:社労士会労働紛争解決センター北海道「あっせん」

 

 

 

 

 

取り扱い業務

○ 経営者側の立場に立った就業規則の作成
○ 定額時間外手当制度導入などの
 時間外手当対策

そして,かつて北海道労働局紛争調整委員会あっせん委員をされていた経験も生かし,労働基準監督署等からの是正勧告事案に対する対応について,相談・助言・立会い・代理

メッセージ

「紛争は科学だ」

[連絡先] 佐々邦雄事務所
 札幌市中央区北4条西4丁目 加森ビル3F
 TEL:011-251-5866 FAX:011-251-5867 

 

 

0120-41-744 受付時間 24時間受付 相談料無料

メール受付

ご相談の流れ