労働契約法と就業規則

実際のトラブル・紛争の予防・解決についてはこちらをどうぞ。

就業規則について労働契約法でみると,重要事項は,次のとおりです。

1 原則・効力

 〇 合意原則

 〇 労働契約規律効力

 〇 最低基準効

 

2 就業規則について労働契約法の規定の整理

【第1章 総則】

 〇目的(第1条)          

 [労働契約の合意原則]の宣明

 〇定義(第2条)

 〇労働契約の原則(第3条)   

 [労働契約の合意原則]の宣明

 〇労働契約の内容の理解の促進(第4条)

 〇労働者の安全への配慮(第5条)

【第2章 労働契約の成立及び変更】

 〇労働契約の成立(第6条)     

 [労働契約の合意原則]の再言

 〇労働契約の内容と就業規則の関係(第7条)

 [労働契約の成立における就業規則の労働契約規律効(契約補充効)]

 〇労働契約の内容の変更(第8条) 

 [労働契約の合意原則]の再言

 〇就業規則による労働契約の内容の変更 

 [労働契約の変更における就業規則の労働契約規律効(契約変更効)](第9条)

 [就業規則による労働契約の変更における合意原則](第10条)

 [合理的変更の場合の労働契約規律効(契約変更効)]

 〇就業規則の変更に係る手続(第11条)

 〇 就業規則違反の労働契約(第12条)

 [就業規則の最低基準効]

 〇法令及び労働協約と就業規則との関係(第13条)

0120-41-744 受付時間 24時間受付 相談料無料

メール受付

ご相談の流れ