労働問題についての使用者側の心構え・対応

総  括(メ モ)

具体的な開設はこちらからどうぞ。

 

1. 経営者vs労働者の価値観・立場の違い・対立

2. 法律,裁判所(判例・裁判例)その他の制度の立場・姿勢

3. 積み上げ・書面化の重要性

4. 個別具体的問題としての把握,紛争化の経緯

5. 労働組合-合同労組,ユニオン

6. ブラック企業などとの汚名,風評被害

7. 中堅中小企業の在り方

 

1 価値観・立場の違いと対立

 

○経営者側の思い込み

  ・ 従来の経営手法や社会常識で物事を解決できるとの誤解

  ・ 価値観を変える必要はないが,世の中の動きをきちんと知らなければならない。

○労働者側

  ・  帰属意識の低下

  ・  権利意識の高揚

  〔時代背景〕 ⇒ 拍車

    ・ネット情報・情報爆発

    ・「ワーク・ライフ・バランス」「ベイシックインカム」「一億総活躍社会」といったマジックワードの威力…

    ・構造的な「人手不足」:売り手市場

    ・「働き方改革」

 

2 法律,裁判所(判例・裁判例)その他の制度の立場・姿勢

○労働者を保護・労働者の優位

  • 法律は労働者に有利に定められている
  • 裁判所は,労働者よりの判断をするのが実際
  • 特に地方の労働委員会は……

○実態と手続の重視

 

3 トラブル・紛争の実態

 

○積み上げ・書面化←実態と手続の重視

 ・ 事実関係・意思の確定性・確実性,制度の実質

 ・ 証拠の確保

 

〇 個別具体的問題としての把握・紛争化の経緯

 

4 重要なその他の視点・要因

訴える

○労働組合-合同労組,ユニオン

 団体交渉

○ブラック企業などとの汚名,風評被害

○中堅中小企業の在り方

 

5 全般についての具体的で詳細な解説

 こちらをどうぞ。

労働問題

 

0120-41-744 受付時間 24時間受付 相談料無料

メール受付

ご相談の流れ