社会保険労務士先生向け『実践的判例研究編(パワハラ)』セミナーを開催いたしました。


 

令和元年11月19日(火)社会保険労務士向け『実践的判例研究編(パワハラ)』セミナーを開催いたしました。
今回も,皆様とても熱心にご参加いただいておりました。

 

 

ご紹介いたしたパワハラとメンタルヘルスに関わる次の第1審・控訴審の事例は,現実
にありがちな事案について,最近の裁判所の判断傾向を知る上で有用なものと思
われます。判示事項及びコメントは再読しておいてください。
  パラハラでうつ病発症・休職等を理由に損害賠償請求された事例
  [サントリーホールディングスほか事件
  第1審:東京地裁平成26年7月31日判決
  控訴審:東京高裁平成27年1月28日判決

 

また,このセミナーで取り上げた,パワハラ防止の法制化は,働き方改革関連法
実施以上に具体的対応が求めれていること,近接場面に,「カスハラ」対策の必
要性が現実化するであろうことなど,工夫次第で,社労士業務の充実・拡張に結
び付くものと思われます。

来年もセミナー開催を予定しております。
ご興味がございましたら,是非ご参加お待ちしております!
0120-41-744 受付時間 24時間受付 相談料無料

メール受付

ご相談の流れ